沿革

昭和46年2月
し尿浄化槽清掃及び維持管理・住宅設備機器の販売及び施工を目的に株式会社協同清美を設立する
昭和47年2月
横浜市清掃法改定に際し、し尿浄化槽清掃業の許可を取得
昭和53年3月
貯水槽清掃業の厚生大臣指定の登録
昭和53年6月
横浜市給排水代行店(有限会社北信商会)吸収し、管工事業務を開始
昭和53年7月
資本金の増資。資本金を400万円から500万円に増資する
昭和58年3月
産業廃棄物処理業の神奈川県許可取得
昭和58年4月
産業廃棄物処理業の川崎市許可取得
昭和58年5月
産業廃棄物処理業の埼玉県許可取得
昭和60年6月
産業廃棄物処理業の横浜市許可取得
昭和61年4月
浄化槽保守点検業の川崎市登録をする
昭和62年6月
浄化槽保守点検業の神奈川県登録をする
平成元年4月
空調機・冷凍機・ポンプなどのメンテナンス及び販売施工を目的に、株式会社協同ビルテックを設立する
平成2年7月
本社移転。事務所及び車庫用地の確保により、株式会社協同清美を横浜市保土ヶ谷区今井町859番地に移転
平成3年2月
環境整備機器及び自動車整備事業を目的に株式会社協同環境開発を設立
平成3年3月
産業廃棄物処理業の東京都許可取得
平成3年6月
産業廃棄物処理業の静岡県許可取得
平成4年8月
資本金の増資。資本金を500万円から1,000万円に増資する
平成5年12月
産業廃棄物処理業の千葉市許可取得
平成6年5月
産業廃棄物処理業の千葉県許可取得
平成10年4月
協思会(協力業者会)を発足
平成11年2月
給水装置工事事業の神奈川県指定取得
平成11年12月
産業廃棄物処理業の山梨県許可取得
平成12年6月
株式会社協同清美 東京支店を設立
平成14年5月
産業廃棄物処理業の茨城県許可取得
平成14年5月
給水装置工事事業の東京都指定取得
平成14年11月
排水管清掃業の神奈川県知事の登録
平成15年5月
資本金の増資。資本金を1,000万円から2,000万円に増資する
平成17年
代表取締役三澤孝至就任
平成17年
会長に三澤和輝就任
平成20年10月
横浜型地域貢献企業認定取得 上位認定
平成22年9月
横浜型地域貢献企業認定(更新)最上位認定
平成24年9月
横浜型地域貢献企業認定(更新)最上位認定
平成24年12月
会長三澤和輝永眠(創業者)
平成26年9月
横浜型地域貢献企業認定(更新)最上位認定
平成28年9月
横浜型地域貢献企業認定(更新)最上位認定
平成29年4月
株式会社協同清美 東京支店を移転
車輌
懐かしき昭和46年第1号車

主要取引先

  • アール・ビー工装株式会社
  • 荏原実業株式会社
  • ヴェオリア・ジェネッツ株式会社
  • オルガノプラントサービス株式会社
  • 管清工業株式会社
  • 京急電機株式会社
  • 国際ビルサービス株式会社
  • 首都高速道路株式会社
  • 株式会社シミズ・ビルライフケア
  • スターツファシリティーサービス株式会社
  • 住友不動産建物サービス株式会社
  • 相鉄企業株式会社
  • 株式会社太平エンジニアリング
  • 株式会社東急コミュニティー
  • 中日本高速道路株式会社
  • 野村不動産パートナーズ株式会社
  • 株式会社ハリマビステム
  • 菱重プロパティーズ株式会社

(50音順)

官公庁等

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 横浜市
  • 厚木市
  • 綾瀬市
  • 伊勢原市
  • 海老名市
  • 小田原市
  • 鎌倉市
  • 相模原市
  • 逗子市
  • 座間市
  • 茅ヶ崎市
  • 秦野市
  • 平塚市
  • 藤沢市
  • 三浦市
  • 大和市
  • 横須賀市
  • 葉山町
  • 神奈川県広域水道企業団
  • 東京都住宅供給公社
  • 厚生労働省
  • 防衛施設庁
  • 国土交通省
  • 内閣府
  • 環境省
  • 最高裁判所事務局
  • 関東整備局
  • 関東財務局
  • 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構
  • 独立行政法人水資源機構
  • 独立行政法人都市再生機構
  • 日本下水道事業団